しりとり
しりとり (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎,和田 誠
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Teddy Bear No. 2 | main | 渡英 >>
Kuralica /くらりか


義姉から、「倉敷の伊勢屋にかわいいペーパーからくりが
あったよ!」とメールがあり、
ホームページのアドレスも教えてくれたので
早速、見てみました。

Kuralica


佐久間 希さんによる、
からくり仕掛けのグリーティングカードは
絵本のような可愛らしさ。
作ったり、遊んだり、飾ったりと
色々な楽しみ方ができそうです。

義姉は自分用に2つ買ったそうですが、
僕は、イギリスでお世話になった作家たちに
Kuralicaのカードを贈ろうと思います。
喜んで、組み立ててくれる姿が目に浮かぶようです。
| 作家 | 23:26 | comments(3) | - | pookmark |
コメント
おー!すばらしい作家さんですね。良い意味で日本人らしい作品:)

原田さんと一緒に展示とかされたらとってもよさそう。
| taichi | 2008/09/08 9:18 PM |
ホームページ、早速拝見しました。
手作り感たっぷりの、ステキな作品ですね。
工作大好きな人には最高のカードになりそう。

ところで、Kuralicaのカードを扱っている倉敷の伊勢屋さんこそ、
僕が木のおもちゃに興味をもつきっかけになった場所です。
家族旅行で倉敷を訪れた際、立ち寄った小さなおもちゃ屋さんで見た
木のおもちゃの数々に、心を奪われてしまいました。
その後、その作品の作者である西田明夫さんの本が出版されて…
気がつけば、どっぷりはまっています。
8月に倉敷科学センターと伊勢屋さんに行く予定だったのですが
実現できず残念です。
| 悩む号 | 2008/09/08 11:16 PM |
>taichくん

Kuralicaさんは、オートマタの展覧会を
企画運営される方などからも
注目されてきているので、
僕らが同じ会場で展示される日も
近いような気がしています。

日本人らしさも、当然自分らしさの一部なので、
作家としての強みですね。


>悩む号さん

グリーティングカードって
読んだら、封筒に戻して
引き出しとかにしまうことが多いと思うんです。
でも、Kuralicaのカードだと
読んだあと、作って、遊んで、飾ってと
一緒に過ごす時間が長いので、
大切な人への贈り物に最適ですね。

伊勢屋さん、僕も倉敷に行くことがあれば、
必ず寄ってみようと思います。
僕も西田さんの本を読んで、
オートマタを作り始めました。
あの本がなかったら、
僕は今頃、どこで何をしていただろう・・・
悩む号さんとも知り合ってなかったでしょう。
そう思うと、一冊の本が僕の人生に
与えた影響の大きさを実感します。
| 和明 | 2008/09/09 9:12 AM |
コメントする